有機JAS認証

JAS認定
有機JASマークは、太陽と雲と植物をイメージしたマークです。

 

オーガニックや有機と名称がついている農産物は、農薬や化学肥料を使わないで栽培したものを意味します。
消費者にとっては、こうした名称がつく食品にはどのような定義があるのか、本当に有機と呼べるのか、信頼できる根拠がほしいところです。

 

そこで農林水産省では、「農林物資の規格化および品質表示の適正化に関する法律(JAS法)」に基づき、農産物や農産物加工品に「有機」と表示するには「有機JASマーク」を貼ることを義務付けました。
そして「有機JASマーク」を貼るためには、有機JAS規格で定められた基準を満たし、オーガニック検査員による検査を受け、第三者機関である認定機関から有機認定を取得しなければなりません。
もし、有機JASマークがないのに「有機○○」と表示していたら、JAS法違反により罰則が課せられます(ただし、畜産物、水産物、酒類は別)。

 

有機栽培の条件は、

  • 農薬を使わない
  • 化学肥料は使わない
  • 肥料を使用する場合は有機肥料のみを使用する

となりますが、

 

有機認証

圃場は最低3年以上農薬を使っていない

 

有機肥料であっても化学薬品や重金属が含まれないものを使用する

 

栽培によって環境を破壊しない

 

労働条件を厳守している

 

環境・衛生管理の整備

 

上記に関する管理プログラムの制定とその実施

 

上記に付帯するすべての事項に対する第三認証機関による検査と認証及び年次更新

 

という条件を満たさなければ取得できません。

 

生産者、製造業者、小分け業者、輸入業者は、「認定の技術的基準」に基づいて、「有機JAS規格」に適合した食品を生産、製造する能力、システム、設備等を備えているか、登録認定機関による検査を受けなければなりません。
このような厳しい審査を経て取得している有機JAS認証だからこそ、消費者が信頼して選ぶことができるのです。
ただし有機JAS認定は、あいまいな表示で混乱しないために設けられた規格であって、これ以外の農産物がすべて信頼できない、有機栽培ではない、ということを示すものではありません。

 

 

スマロハ・セレクトショップでは、有機JAS認定を取得した食品をこれからも数多くお取り扱いしていきます。
オーガニック、有機栽培は、
食べる人、使う人、それを作る人、作りだす土壌、すべてにおいて安全と豊かさを持続していける農法です。

 

 

 

参考URL
農林水産省 有機食品の検査認証制度 http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html
日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会 http://jona-japan.org/certified/#a01