アンドロメダ・エチオピア珈琲「野生のコーヒー」

  • F-0006
  • F-0006
  • F-0006
  • F-0006
  • F-0006

「栽培」ではない「野生種」のコーヒー豆をフレッシュビーンズのまま輸入する希少な珈琲

コーヒー発祥の伝説があるエチオピアには、水、大地、空気のすべてが自然のままの森の中で育つ、「野生のコーヒー」が存在します。
この珈琲は、そんな人が手を加えない森で育った野生のコーヒーの木から摘みとった豆です。

人にも自然環境にもやさしいコーヒー栽培コーヒーの木 ヤルガッチャフェ
昔エチオピアのカファ地方でヤギがコーヒーの実を食べると元気になることを見つけた村人が、自分も生でかじってみたところ疲れがすっかり取れたことからコーヒーが栽培されるようになりました。
その後、ローストしたり煎じたりして飲み物としてのコーヒーが定着しました。
エチオピアのコーヒーは、他のさまざまな果樹や野菜とともに森の中で育ちます。
今でも多くの地域、農園でコーヒーが栽培されています。これは、森を作り増やしていくことになり、世界の環境問題食糧問題を解決する方向にもつながっていきます。
一般に知られているブルーマウンテンやキリマンジャロなど、質の良い人気のコーヒーは、高地で育てられています。国土全体の標高が高いエチオピアでは、現在でも自然林に自生している野生のコーヒーの木から実を採取しています。

アンドロメダ・エチオピア珈琲ヤルガッチャフェ村
飢餓に瀕するエチオピアの貧困を解決するためにエチオピア支援活動を始めたNPO 高麗(KOMA)(代表・高麗恵子氏)が、エチオピア国内においてトップクラスの豆を厳選して直輸入しています。
「アンドロメダ」はエチオピアの王女の名前。エチオピアの貧困の解決を願って名付けられたコーヒーです。
アンドロメダ・エチオピア珈琲は、一粒ずつ丁寧に手摘みされた後、水洗い式で精製されています。
これは、果肉を貯水槽に入れ、傷んだ豆、未成熟の豆、枝、葉、ゴミなどを浮かせて取り、果肉除去機にかけ果肉と種を別々に分離する精製方法です。
手間をかけた分だけコーヒー本来のすっきりとした甘みのある味わいが際立ちます。
そしてアンドロメダ・エチオピア珈琲をさらに美味しくするために独自の方法で焙煎しています。
独自開発のセラミックを活用した焙煎や、一部クリニックにて音楽療法にも使われている「Idaki Shin」氏の音楽を焙煎室に流してリラックスした環境で生成しています。

もともとお茶が薬であったように、コーヒーも本来は薬でした。現在でも現地では薬用としても使われています。
エチオピア

アンドロメダ・エチオピア珈琲の特長

「野生種であること(栽培種でないこと)」

現在、コーヒーのほとんどは人の手により栽培されており、野生種というだけで希少価値があります。
コーヒー発祥の地・エチオピアの森には、まだ野生のコーヒーが残っております。

「アラビカ原種であること」

高品質で美味しい(その代わり栽培が難しい)アラビカ種であること、更にその原種であるということも、希少価値を高めます。

「ストレート豆であること」

アンドロメダ・エチオピア珈琲は、それぞれリム・ヤルガッチャフェの豆を100%使用し、一切の他のコーヒー豆をブレンドしておりません(ストレート豆)。
そのためコストは掛かりますが、それぞれの豆の特徴をそのまま味わうことが出来ます。

「最上質のものだけを厳選」

アンドロメダ・エチオピアは、上記のように特徴のあるものですが、その中でも最上質の極上の豆だけを厳選してます。
これは、エチオピア支援というアンドロメダ・エチオピア・プロジェクトの為に、現地からの全面的な協力があるからです。

「エチオピア・モカの希少性」

日本人の一番好きなコーヒーの銘柄はモカ(エチオピア産またはイエメン産の豆)と言われていますが、3,4年前にはエチオピア・モカの輸入が全面的にストップし、現在でも輸入量は回復しきれてません。アンドロメダ・エチオピアは、エチオピア・モカ100%です。

エチオピアでは、人の手を加えていない森での収穫を「フォレスト」、刈り入れなど一部手を加えている森での収穫を「セミフォレスト」といいます。どちらも森林または野生のコーヒーと呼びます。
フレーバーは「ヤルガッチャフェ」と「リム」の2種があり、収穫した場所が違います。それぞれアラビカ原種の一つです。
ローストはやや深煎り、粉は中細挽きです。

セミフォレスト
アンドロメダ・エチオピア珈琲 ヤルガッチャフェ

コーヒー発祥の伝説があるエチオピアのシダモ地方、ヤルガッチャフェ自然丘陵で育った、セミフォレストの野生のコーヒー。
森の中でほかの果実や野菜と一緒に育ち、自然の果実香があります。
花のような香りが活きている独特の風味を誇る、アラビカ原種の一つとして知られています。

フォレスト
アンドロメダ・エチオピア珈琲 リム

コーヒー発祥の伝説があるエチオピアのカファ地方、リム丘陵の大自然の中で育った、フォレストの野生のコーヒーです。
特徴のあるその味はワインにも比べられ、フルボディでスパイシーと表現されるアラビカ原種の一つです。
ミルクとの相性も良く、ホット・アイスともカフェオレにすると抜群のおいしさですが、ぜひストレートでも味わってみてください。

coffee

ドリップ式かサイフォン式でカップ1杯分につき約10gご使用ください。85℃~90℃の低めの温度のお湯が、美味しい珈琲を淹れるコツです。アイスコーヒー エチオピア珈琲
アイス珈琲にする時は、濃いめに淹れてたっぷりの氷に一気に注いで急冷すると、香りや甘みがそのままの、喫茶店のコーヒーのようなおいしさでお楽しみいただけます。

夏は水出しコーヒーがおすすめ♪――約40gの中粗挽きした珈琲を市販の空の麦茶パックに入れ、1Lのお水に漬けて一晩冷蔵庫へ。朝には爽やかなアイスコーヒーをお召し上がりいただけます!

line01

セットはすべて5%OFFの価格となります。

ヤルガッチャフェ

ヤルガッチャフェ 500gセット(F-0006-1)

【セット内容】 100g×5袋

ヤルガッチャフェ

ヤルガッチャフェ ドリップセット(F-0006-2)

【セット内容】 100g×3袋
        ドリップパック(10g×4パック)×3袋

リム

リム 500gセット(F-0006-3)

【セット内容】 100g×5袋

リム

リム ドリップセット(F-0006-4)

【セット内容】 100g×3袋
        ドリップパック(10g×4パック)×3袋

 

アンドロメダ・エチオピア珈琲「野生のコーヒー」

【賞味期限】 開封前:12か月
(開封後は密閉容器に移し替え、冷凍または冷蔵庫等に保存することをおすすめします)
【原産国】 エチオピア

* 直射日光・高温多湿を避け、冷暗所で保存してください。

この商品の送料はこちら 


ヤルガッチャフェ 500gセット注文番号F-0006-1

定価(税別)
¥3,800
販売価格
¥3,610
(税込¥3,899)
在庫状態
在庫有り
数量 セット

ヤルガッチャフェ ドリップセット注文番号F-0006-2

定価(税別)
¥3,990
販売価格
¥3,790
(税込¥4,093)
在庫状態
入荷待ち

リム 500gセット注文番号F-0006-3

定価(税別)
¥3,500
販売価格
¥3,325
(税込¥3,591)
在庫状態
在庫有り
数量 セット

リム ドリップセット注文番号F-0006-4

定価(税別)
¥3,810
販売価格
¥3,620
(税込¥3,910)
在庫状態
入荷待ち

ヤルガッチャフェ 100g注文番号F-0006-5

販売価格
¥760
(税込¥821)
在庫状態
在庫有り
数量

リム 100g注文番号F-0006-6

販売価格
¥700
(税込¥756)
在庫状態
在庫有り
数量

この商品のレビュー

この商品のレビューを投稿する

メールアドレスは公開されません。いたずら防止のため承認制をとらせていただいております。

内容をご確認の上、「レビューを送信」ボタンから送信ください。